« 生意気は損!!! | トップページ | サーチワードでこんな結果が! »

2006-02-22

超あやしい電話

きょうは皆さんに超あやしい電話のご紹介をします。

すでに働いている方には『あるある!』って話だと思いますが、まだ学生の皆さん、こういう電話、ほんとにあるんですよー。しかも、今回は、さらに相手が上手な場合のお話です。

ある日、外線が鳴り、
『あのー、わたし、○○運送の者なんですが、きょう、うちのトラックが荷崩れを起こしまして、その際に、御社の○○部(うちの部)の方に助けてもらったようで・・・名前を聞いたのに忘れてしまったらしいんですが、20代前半の方みたいなんですけど、名前を順番に言ってもらえませんかねぇ?
と。

電話に出たうちの社員は、すぐ怪しいと判断し、『20代前半といってもたくさんいるんで、こちらでさがしてお伝えしておきますよ。』と、返答したそうです。

うまくかわしました!パチパチ。

ところがぁっ。

そのあと相手に『そうですか。では、よろしくお願いします。失礼ですが?』と聞かれ『田中です』と、見事に条件反射的に答えてしまったんです。

あちゃー・・・

個人情報、ひとり分ゲットです。

電話で伝言や用件を預けた側は、誰に伝言したかを確認するために、『失礼ですが?』と尋ねる場合があり、そういう場合、伝言を預かった側は、『○○と申します』と答えるのがビジネスマナーですが、これは、うまい具合にその心理をつかれた例だと言えると思います。

ちなみに、こうして、なりすまして個人情報やパスワードなどを聞き出す方法のことを、ソーシャル・エンジニアリングと言います。

しかし・・・こういうとき、どうすればいいんだろう。
あんまりいそうにない『綾小路です』とか言っちゃえばいいのかな。
うん、そうしよう。

あっ、実際に言ってみたよ!という人、よかったらご報告ください。
そのときの相手の反応と、職場の反応も併せて・・・(笑)


« 生意気は損!!! | トップページ | サーチワードでこんな結果が! »