トップページ | 2006年2月 »

2006-01-29

きゅーん☆てなる一言。

そこのオンナノコー!!
女性の先輩にかわいがられる、とぉーっておきの一言を
発見しましたっ。
『私にできることがあれば言ってください☆(*^_^*)』
コレ!

・・・先週の出来事です。

また今年も、バレンタインについてのメールが、ある女性社員から他の女性社員全員に発信されました。

『今年も例年どおり、部長には3000円くらいのプレゼント、あとの人たちには、ファミリーパックのチョコを山盛り買って給湯室に置いておきましょう!
新入社員さんたちは、もし賛同頂けるなら、一緒にどぉぞ♪
あと、皆さん、部長へのプレゼント、何かいい案ありますか?』

で、新入社員チャンから返ってきた返事はこうでした。

『連絡ありがとうございます。ぜひご一緒させて下さい☆
部長は・・だから、○○などはどうでしょうか?
私プレゼントとチョコレート、買い出しに行きます!
他、何かお手伝いできることありますか?
私にできることがあれば言ってください!!!

か・かわいぃ~。。。

簡単そうですけど、意外と言えないものなんですよねー。
協同で何かをやるとき、『私にできることがあれば』。
これ、言える人と言えない人では、印象がぜんぜん違います。

もちろん、手順としては、自分でまずできることを考えることが先ですけど。

あ、これ、オンナノコに限らず、オトコノコも、同じようなシチュエーション必ずありますヨ。参考にしてみてください。


2006-01-23

“お疲れ様です”と“ご苦労様です”

さて今日は、新社会人さんではなく、先輩からいただいたメッセージです。

『“お疲れ様です”と“ご苦労様です”の使い方を間違ってる人、多くない?』

ハイ。
『お疲れ様です』と『ご苦労様です』の使い分け、皆さんは普段、どうされていますか?

マナー研修で教えてくれるところもあるかと思いますが、基本的に、社内では、目上の人に『ご苦労様』という言葉は使いません。
目上の人には『お疲れ様』を使うということが、マナーとして確立されています。

わたしも、“それがマナーだから”という認識しかなかったので、いろいろ調べてみたところ、どちらも労いの言葉ではありますが、『お疲れ様』とは、他人が何らかの作業に従事したことに対する労い、もしくは、共同で作業をした際にお互いを労うもので、『ご苦労様』には、奉仕(自分に対して益をもたらす)というニュアンスが伴うんだそうです。
そうすると確かに、上司や先輩に対して『ご苦労様』はおかしいですよね。

ということで、このブログの対象としている新社会人さんたちはしばらく、社内で『ご苦労様』という言葉を使う機会はないと思ったほうがイイでしょう。


ところで。
例えば自宅に、郵便局員さんや宅配便の方が届け物に来られたとき。こういう場合は、上の説明でいくと、『ご苦労様』も問題ないということなんだと思います。
ですが、届けてくれる人に目上の人が多いうちは、なんとなく、『ご苦労様』は恐れ多い気がしませんか?なのでわたしは、『ありがとうございました』と言うようにしています。(目上・目下に限らず。)
これはあくまでわたしの考え方ですが、参考までに。


2006-01-20

ちょっと小言。

取引先の方で、電話をかけてこられて『○○の△△ですけど』とおっしゃるので、こちらが『お世話になっております。』と言っているのに、そのまま用件を話しはじめる人が何人かいるんですよね。

しつれいしちゃうなー。

例えば、そこの会社から材料を仕入れていたとすると、その材料は、仕入れてくれる会社がなければ商売にならないワケで、もし仮に“客はアンタんとこだけじゃないんだ”と思っていたとしても、それは現時点のお話で・・・世の中、どう転ぶかわかりませんよ~。
『こちらこそ(お世話になっております)。』が言えなかったが為に、会社が潰れてしまうこともあるかもしれません。

ま、大体はこんな大層なことじゃなくて、単純にその人自身が横柄なだけだと思うんですけど、皆さんはくれぐれも真似しないよーに。


2006-01-18

<頂いた質問>社内恋愛ってどうなの?

メール&別のサイトでこの質問があがりましたので、
ここにお返事を書いておこうと思います。

社内恋愛。うーん。。。。

ダメ!って言っても、
しちゃうモンはしちゃいますよね、たぶん。笑

勝手な予想ですが、絶対禁止!って決まってる会社は
少ないんじゃないかという気がします。
いままで数社渡り歩いてきましたが、
いちばん最初の会社以外は、そういうのはなかったなー。

ただ、OPENにするのは様子を見たほうがいいと思います。
なぜなら、『私情を挟んでいる』と思われる可能性が高いからです。
本当に挟んでいても、そうじゃなくても・・・ね。

特に、同じ職場だと、それだけじゃなくて、
どちらかが異動・・・ってことにもなりかねません。

わたしもこれまで、社内恋愛はちょくちょくありますが、
いちばん最初の会社のとき、ついに会社にバレてしまい・・・
その彼は上司に呼び出されて
『インドネシアへの異動もあるからね!』って脅されてました。
ま、既に彼は退職の意思を固めてましたので、
屁とも思いませんでしたけど。笑

なので、皆さんご自身のお人柄や能力を理解してもらった上で、OPENにしたほうがイイと思います。
それまでは、がんばって、慎重に慎重に・・・・。

しかし、社内恋愛って、自分の置かれてる立場を理解してもらいやすかったりで、いい部分もあるけど、同じ職場だと、彼が怒られてるところを目にしてしまって、彼に対して少しガッカリしちゃうかもしれませんし、彼の上司に自分まで腹を立てて、つい冷たい態度を取ろうとしてしまうかもしれません。
良し悪しですね~。


2006-01-17

先週金曜日の日記。

うちの部のK次長は長崎出身で、帰省のたびに、カステラを買ってきてくださいます。
旅行ってワケでもないのに、なんだか申し訳ないんですが・・・
いつもわたしのところに、『これみんなで食べてー。』と、笑顔で持ってきてくださるので、『K次長より』というメモを沿えて、切り分けて給湯室の前に置いておきます。

先週金曜日、また今回も同じように、給湯室の前を通りかかった人たちが、カステラをパクッとひとつつまんで、そのあと『K次長、ご馳走さまでした。』と一言お礼を言って席に着いていたんですが、その中でひとり、ある新入社員チャンが、『次長、カステラ、いつもありがとうございます。』と、言ったんです。

お。と思いました。
私だったら、そっちの言葉のほうが嬉しいから。

案の定、次長は『いやいや。俺がカステラ好きやから買ってくるんよぉ。』とニコニコ顔で答えてました。

『ご馳走さまでした』と『いつもありがとうございます』の違い、
わかりますか?


わかりますよねー。

ちなみに、うちの職場は人数が多く、いくらカステラが3本あって、細く切り分けたとしても、あっという間になくなってしまうので、わたしは、K次長が食べそこねないように、切ったらすぐ、1切れをラップにくるんで棚の中に隠して(常温保存のため)、『棚の~にカステラ置いてます♪』とコッソリお伝えします。

わたしと同じように、お菓子を配ったりすることがある人は、参考にしてみてください。
きっと喜んでもらえます☆


2006-01-16

相手の立場になる。

例えば、あなたがお手洗いに行こうと席を立ち、歩いてました。
すると、少し先に、先輩が重そうな荷物を両手で抱えて歩いていました。

さて、あなたはそのときどうする?
・・・と、昨年の新入社員クンに尋ねてみました。

『手伝いましょうかと言います。』

はい、正解です。
もし、『いいよ。ありがとう。』と言われたとしても、あなたに手伝う意思があったことを知ってもらえば、実際は手伝わなかった(手伝えなかった)としても、少し好感度UPです。


でもこれは、言えて当然のレベルだと思います。


そこで、これを読んだ皆さんは、さらにワンランクアップ!
それは・・・

“先輩が、どこに行こうとしているかを読む”

です。

一緒に仕事してたら、大体、行動パターンって読めますよね。
では、行こうとしている先にドアがあったとしたら?
先輩は、荷物を一旦床に置いて、ドアを開けることになりますよね。

ドアがずいぶん先にある場合は別ですが、もし、見えるところにドアがあって、 先輩がそちらに向かっているようであれば、
『ドアあけましょうか。』と、お声をかけてみましょー。

『○○さん、(荷物持つの)手伝いましょうか。』

『ううん、大丈夫。ありがとう。』

『じゃあ、ドア開けますね。(orエレベーターのボタン押すナド)』

『あ。ほんと?ありがとー。』

こういう、ちょっとしたやりとりが、その後の業務に大きく影響したりするんですよ☆
相手の立場になる習慣ができれば、そんなに難しいことじゃーありません。


2006-01-13

先輩に電話の取り方を教えてもらう

ビジネスマナー本には、電話応対方法は載っていますが、
実際に電話を取る時の方法は載っていません!
その割には、電話を取る機会って、教えてもらう前に突然訪れたりします。

そこで、電話の取り方を先輩に尋ねる際のポイントを載せておきます。これをメモしたものを持った上で、先輩に尋ねてみるとイイかも・・・(笑)もしくは、教えてもらえなさそうな職場なら、そのメモに、先輩たちのやっていることを書き込んでいってみてください。


<確認事項>

・外線と内線のコールは違う?
→内線は『プルップルッ』、外線は『プルルルルッ』という長音ナド

・社名や部署名の名乗り方。(外線・内線)

・保留したあと、つなぐ相手にどうやって声をかけるか

・別のフロア等に“転送”する場合

・発信するとき(外線・内線)

・自分が取らなければいけないのはどの範囲までか。
→自分のシマだけでよかったり、フロア全体だったり、
職場によっていろいろあると思います。


んー、とりあえずこれだけ聞いてスグ覚えましょう。
そうすれば、いろいろなパターンの取次ぎがあると思うけど、保留にしておいて、その間にサササッと先輩に訪ねればイイわけだし。
でも、同じことは何度も聞かないよーに、『なるほど、そうするのか!』と思ったことは、チョチョッとメモしておいてください。


2006-01-12

“了解しました”

blueは何社か職場を変わっていますが、目上の人に対して
『了解しました』という言葉を使う会社は、ここが初めてです。

社内用語としてはOKの職場もあるのかもしれませんが、
お客様相手の場合は、

『かしこまりました』
『承知いたしました』

ですね。

もし、先輩たちがお客様に対して『了解しました』と言っていたとしても、良くないところはマネする必要ありませーん。


人の名前を覚える。

おなじ職場のひとたちの名前はできるだけ早く覚えたほうがいいです。というか、自分の名前を覚えてくれると嬉しいモンです。
声をかけられる際に、『すみません』ではなくて名前で呼ばれると、『おー。』なんて、少し感動したりします。
うん、これホント。

そこで、早く覚えるためにできることといえば・・・

例えば、積極的に郵便物やFAXを配ってみる・・・とか。
職場によっていろいろあると思います。

あと、もし、座席表があるならば、その人の特徴や担当しているお仕事、会話した内容をメモ程度に書き込んでみるのもイイかも。
ちなみにわたしはコレ実践しました。
なにせ、人数が多いので。
お陰で、今の職場にて就業3日目に、部内のあるチーム(20人強)が歓迎会を開いてくださった時に、顔と名前一致テストなるものをされましたが、座席表メモで見事クリアできました。笑



※もっとかわいがってもらいたいヒトにはコレ☆

顔と名前だけじゃなくて、その方とのエピソードを覚えておくと、何かと役に立ちます。
特に、『~は○○さんが初めてなんですよ』という、自分や相手の“初めて”ネタにちなんだ話は、なんだかちょっと、あったかくなります。

例えば、『わたしがこの会社に来て、いちばん初めに「飲み会やるからおいで」って声をかけてくださったの、○○さんなんですよー。嬉しかったです☆』とか、『○○さんが異動でうちの部へ来られた日に、エレベーターの中でバッタリ会って、こんな話をしたの、覚えてますかー?』とか。

些細なエピソードほど、『わー、そんなこと覚えてくれてたんだー』って、嬉しかったりします。
でも、相手がグッとくるタイミングは、自分で見極めてくださいネ。


・・・要領よくできるヒトだけ、実践してみてください。笑


2006-01-11

見て見ぬフリはカッコ悪い!

皆さんの会社にも、本来業務じゃない部分の『○○当番』ってありますか?例えば、ゴミ当番や、電話当番、郵便当番など。

これらって、誰がやってもいいようなことだけど、普通は好んでやりたがるような内容じゃないため、押し付けあいにならないように、当番を作って、半強制的にやってもらうためのものですよね。

しかし、さきほども書いたように、これは、本当は、誰がやってもいいことです。当番制になっているものに限らずですが、他の当番さんや、仕事が忙しいせいにして、見て見ぬフリをしていることって、ありませんか?


ということで、うちの会社の例をふたつ挙げてみます。

うちは自社ビルなので、ゴミを地下のゴミ置き場まで持っていかなければいけません。一応、『ゴミ当番』ということで、各チームが週交替で週末に地下に持って行ってるんですけど・・・

ある日の定時を過ぎた頃の出来事です。
週の中頃に、既にダストカートがあふれかえっていました。
それを見た入社6年目のIさんが、自分のチームの後輩2人に『ダストカートがいっぱいになってるから、捨てに行こうよ。』と、声をかけました。

すると後輩2人(3年目と5年目くん)はこう答えました。
『え、でも今週はうち当番じゃ・・・』

んー・・・この反応、どうだろう?

時間はもう定時を過ぎていて、これから、帰る前にゴミを捨てに来る人たちがたくさんいるであろうという時間です。

そのままにしておくと、誰もゴミを捨てれないですよね。
じゃあ、誰かが捨てに行かなきゃいけないですよね。

これくらいは、考えれば、というより、考えなくてもわかってわかって欲しいナ。というか、率先してやろうよ。・・・と、先輩達は思っています。

そのあと、Iさんは言いました。
『当番じゃなくても、一杯になってるんだから今から行こうよ。』

じーん。。。。Iさんは先輩の鑑です。(*´ー`)



・・・もうひとつ。

先日、これまた週の中頃に、ペットボトル入れがあふれかえっていたらしく、それを見た新入社員クンが、ペットボトル入れだけじゃなく、ダストカートやシュレッダー、用紙分別BOXなどを全て地下に持って行く準備をしてるところに出くわしました。

誰に何を言われたわけでなく、自ら進んでやってくれてました。
嬉しかったので、わたしも進んで手伝いました。

そうそう、これだよこれ。


『いま暇ですか?』

数年前の春、ショッキングな出来事がありました。

人事から、新入社員に、オンライン端末の使用方法を指導してくれとの依頼があり、既に受入教育を終えて所属課に配属になった、ちょっぴり生意気と評判のKくんに、『○○さん、・・・をやりたいので、数分で終わるから、時間のいいときにお声かけてもらえますか?』と、伝えていたんですが、、、

その日の午後、私が書類を配布していると、Kくんが、5~6メートルくらい先にいる私に、席に着いたままクルッと振り返り、
『あ、いま暇なんだったら教えてもらえますか。』と。

えー。(・ω・`|||)
暇・・・に、見えた?もしかして。

いや、ぜんぜん暇じゃなかったんですけど、もし仮に暇だったとしても、『うん、ひまひまー』なんて、言えませんよね。

でも、こういう時って、どうやって声かければいいの?
って、思いますよね。

まず、『暇』という言葉は、
『お手すき』という言葉に変えちゃいましょー。
『もしお手すきでしたら、さきほどの件、教えてもらえませんか。』とか、もっと簡単に『いま、お時間よろしいでしょうか。』で、ばっちりです。

・・・それと、、、、離れてる相手に、席についたままで話しかけるのは、偉くなってからにしましょー・・・ネ。


入口でお客様と出くわしたor受付の電話を取ったら?

オフィスの入口で、自分宛ではないお客様と出くわしました。
こういうとき、スルーせず、とっさに対応ができちゃうと、『おぉ』って思います。というか、スルーは良くないですよー。

この場合の基本トークを掲載しますので、復唱して、スッと言葉が出てくるようにしておきましょー。

『いらっしゃいませ。(どちらをお尋ねでしょうか。)』
・・・△△商事の××ですが、○○課の○○さんを。

『(本日は)お約束でいらっしゃいますか。』
・・・えぇ、○時に。

『承知致しました。しばらくお待ち下さいませ。』
(↑会社によっては、そのまま応接室に案内してもイイところもあるかも。)

※もし、最初に会社名を言ってくださらなかったら、『お待ち下さい』の前に、『失礼ですが(どちら様でしょうか)。』と尋ねましょー。

ちなみにこれは、オフィス内で、受付の電話を取った場合も同じですね。その場合は、『すぐに参りますので、受話器を置いてお待ち下さいませ。』です。

最初なら、こんだけできただけでもブラボーです。

でも、担当者にお客様が来られたことを伝えると、『応接室に案内しといて』と言われることありますので、そういう場合は・・・
うーん、細かいマナーを言うとキリがないので、付け焼刃的な対応ですけど・・・

まず、お客様のところへ行き、『ご案内致しますので、こちらへどうぞ。』と、行き先を手で(びしっと)示してから歩いて下さい。
会議室にお通ししたら、上座(わからない場合は、とにかく、ドアよりいちばん遠い席方向)を手で指して、『すぐに参りますので、おかけになってお待ちください』と、言いましょう。

本当は、上座は応接室の窓や絵画の位置やらで違いますし、ドアが押すドアか引くドアか・・・など、注意点はイロイロありますので、それは、ビジネスマナー本でも読んで、勉強してください。

でも、最初はこれくらいでイイと思います。
とりあえず、お客様に粗相のないように。。。
あー、秘書や来客対応担当する人はダメですよ。ちゃんと勉強してください。


・・・あ。
ちなみに、オトコノコ。
オンナノコとお食事に行ったとき、自分が下座に立って、女性にサラッと上座の席を指してあげると、ちょっと素敵です。


自社ビルのエレベーター。

自社ビルのエレベーターは、上から下まで、同じ会社の方・もしくは自社へのお客様・・・と、ほぼ間違いなく、自分に関係する人しか乗っていません。

うちの会社は超体育会系なので、エレベーターのドアが開いて、目上の人がボタンの前に立っていると、『こんにちは』とまず挨拶し、『代わります』と言い、“ボタン押し係”を交替します。
※混んでたりするとできない場合もあります。

これは新入社員だけでなく、わたしたちでもそうです。目下の人間がどんどんボタンの前に来るようになります。

ここまでではなくてもかまわないので、乗ってる人・乗ってきた人への挨拶と、降りる際に『失礼します』は、言ったほうがイイですね☆
で、うまくできそうであれば、ボタンを押すのも交替してみてください。


2006-01-10

挨拶ってほんとに、基本中の基本。

“挨拶は大事”。
これって、いつでもどこでも言われることですが、うん、ぜったいやっとくべきですよー。

なぜなら、先輩たちははじめ、『どんなコが入ってきたんだろう』と興味津々だからです。たぶん、本人たちが予想してる以上に。笑
そして、いい場合も良くない場合も、あーだこーだと、飲み会やお昼休みのネタになったりします。
なので、そこでイメージダウンしちゃうと、ほーんともったいないです。

やりすぎて損することはないので、ガンガンやっときましょ。

あ。
女性に多いのが、同期同士でおしゃべりしながら歩いてて、おしゃべりに夢中で、先輩とすれ違ったときに素通りをしてしまうことです。
ありがちですよねー。これ、自分もやっちゃいそう・・・という人は、頭の隅っこに置いといたほうがイイです。
これはなぜか、素で無視された時よりも悲しくなります。
もし友達が果敢に話しかけてたとしても、話を聞きつつ、タイミングを見計らって、できるだけ挨拶しましょー。


トップページ | 2006年2月 »